レプロナイザーの口コミって実際どうなの?

 

爆発的な人気を誇るドライヤー「レプロナイザー」シリーズ。

 

レプロナイザー 口コミ

「レプロナイザー」は元々「ヘアビューザー」という商品名から始まり、
その後「レプロナイザー 3d plus」「レプロナイザー 2d plus」が
販売されました。

 

そのどれもが高い評価を得ているレプロナイザーシリーズですが、
実際のところ本当に口コミの通り良い商品なのでしょうか?

 

そして、もしも本当に良い商品であるのなら
その数あるシリーズの中のどの商品が一番おすすめなのでしょうか?

 

現役美容師&オーナー&ヘアメイクアーティストである私「まこと」が
超辛口で正直にレビューしていきますね。

 

 

 

ちなみに当サイトでは、ある画期的な方法でレプロナイザーを評価していきます。

 

その画期的な方法というのは、私達美容師ではなく素人さんに実際に使ってもらって、
その上で本当に良い商品と言えるのだろうかというレビューをしていこうという事です。

 

だって、プロである美容師が使って綺麗に仕上がったとしても、

 

実際に使うのはアナタですからね!

 

 

ということで早速レプロナイザーについてのレビューをさせていただこうと思うのですが、
流れとしましては、まず私なりのレプロナイザー評価をザックリ解説させていただいて、
その後で世間の口コミをご紹介して、
そして最後にレプロナイザーに関する詳しいレビューを
ご紹介していこうと思います。

 

 

ということで、まずはレプロナイザーは本当に効果があるのか?
という事についてザックリお伝えしていきます。

 

 

レプロナイザーって実際どうなの?

 

まず、皆様が一番知りたいであろう
レプロナイザーを使った時の仕上がり感について説明していきます。

 

レプロナイザーの口コミ【美容師の本音レビューが正直過ぎる】

 

 

とその前に注意していただきたいのですが、レプロナイザーには使い方があります。

 

詳しくは別途説明していきますが、簡単に説明しますと、
最初は温風で乾かして、最後は冷風を当てるというルールがあるのです。

 

これを守っていただく事で、より綺麗な仕上がり感が期待できます。

 

と言いますか、
これはレプロナイザーに限らず、他のどんなドライヤーを使う時でも有効な手順です。

 

少しだけ小難しい説明をさせていただきますが、
ブローというのは水素結合をコントロールして、
髪に形状を付けたりツヤを出していく作業です。

 

水分と熱で水素結合は切れ、冷やすことと水分が無くなることで再結合します。

 

なので、ブローの前にお湯で水素結合を切るという作業は本当に重要です。

 

そして、水素結合が切れた状態でドライヤーの温風を当てることにより、
徐々に水分が無くなり、再結合が進んでいくので、その時に形を作り、
大分水分が飛んで、形が決まった所で冷風を当てることでシッカリと再結合されて、
形が固定されてツヤも出てくるのです。

 

※寝起きですぐドライヤーをかけても綺麗には仕上がりませんよ!

 

なので逆を言えば、例えレプロナイザーが優れたドライヤーだとしても、
この手順を守らなければ綺麗には仕上がらないという事だけは覚えておいて下さいね。

 

改めましてレプロナイザーの仕上がりはどうなの?

 

ということで話を元に戻しますが、
ブローの手順の通りに行った上でレプロナイザーの仕上がりはどうなのかと言いますと、
明らかに見た目がつやつやサラサラです。

 

 

でも、これは当たり前なんですよね。

 

何故なら既にお伝えした通り、
私達美容師がブローするのであれば、どんなドライヤーを使っても
つやつやサラサラに仕上がってしまいますからね!

 

やっぱり重要なのは実際にお客さまがご自宅で使ってみてどうなのかだと思います。

 

レプロナイザー 口コミ

 

そこで私の美容室では、レプロナイザーをお客様に貸し出しています。

 

そして実際に1か月くらい使っていただいて感想を伺っているのです。

 

この感想をご紹介しつつ、プロである私の意見もご紹介していきますので
結構参考になると思いますよ!

 

 

ということで早速ですが、実際に使ってみた感想はと言いますと、これがすこぶる評判が良いです。

 

 

どんな点が気に入りましたか?と尋ねてみると、
とにかく仕上がり感がこれまでのドライヤーとは比べ物にならないと言っていました。

 

でも、ちょっと待ってください!

 

先程説明した通り、
温風の後に冷風を当てるという工程をこれまで行っていたのかが問題です。

 

これまでは適当にブローしていたのに、
レプロナイザーを使った時だけ「温風⇒冷風」の工程を踏めば、
そりゃあ仕上がり感は良いと感じることでしょう。

 

という事でお客さまには、お手数ですがこれまでのドライヤーでも同じように
「温風⇒冷風」の工程を踏んで比較してみて下さいと頼んでみました。

 

結構面倒なお願いをしているのですが、
やはりそこはドライヤーを貸し出しているという強みを生かして(笑)無理を聞いていただきました。

 

レプロナイザーの口コミは?

 

という事で、レプロナイザーと他のドライヤーを使い比べていただいたお客様の口コミ情報を
以下に幾つかご紹介します。

 

レプロナイザー 口コミ

まことさん(私です)に言われた通り2つのドライヤーを使ってみたけど、
レプロナイザーの方がツヤが出たわね。あとしっとり感も出たと思うわ。

 

レプロナイザー 口コミ

今までイオンドライヤーを使っていたけど、明らかにまとまりが良くなったと感じました。
毛先のパサパサ感が今までと比べて随分と減った気がしました。

 

レプロナイザー 口コミ

「温風⇒冷風」の順にブローすると今までのドライヤーでも結構ツヤが出ることに驚きました。
レプロナイザーは良いとは思いますが、もう少し安いドライヤーで我慢します…。

 

 

他にも色々なお客様から貴重な意見をいただきましたが、
まとめると大体こんな感じです。

 

つまり、やはり他のドライヤーと比較しても
レプロナイザーの仕上がりは良いと感じるお客様が非常に多かったという事です。

 

しかし中には値段が高いと感じる方もいるのですが、
やはり全ての方がドライヤーに数万円という価値を見いだせるのかと言えば無理があると思いますので、
まあ妥当な結果かなと感じます。

 

 

あと、やはり気になったのが、最初にお湯で濡らしてから「温風⇒冷風」という手順が
非常に大切という事を殆どの方が今で知らなかったという事実です。

 

これは私に問題があったと猛省しております。

 

美容室で綺麗に仕上げるだけが仕事じゃない事は分かっていたつもりでしたが、や
はり「つもり」で終わっていたのだなと…。

 

自宅でも再現性の高いヘアスタイルを提案するだけではなく、
しっかりとブローなどの方法も教えることは必須なのだと痛感しました。

 

今回のレプロナイザー貸し出しの企画は、私も成長させてくれました!

 

効果が無いという声も聞こえるようですが

 

たまにレプロナイザーの効果が無いという意見があるようですね。

 

しかし実際に私のお店に来ていただいているお客様の殆どは、その効果を実感しています。

 

勿論「効果が無い」という意見は、
その方個人の意見として尊重すべきだとは思いますが、
まるで全ての人にレプロナイザーの効果が無いように表現するのは悪意を感じますね。

 

ネットという媒体を使う以上は誤解のない表現を心がけたいものです。

 

「私はこう思います。」「実際に使った方の感想です。」とかなら分かるのですが、
「レプロナイザーは効果ありません」という表現はいかがなものかと思います。

 

レプロナイザー 口コミ

 

誇大広告の取り締まりを厳しく行うのは良いのですが、
その逆も同じように取り締まるべきだとさえ感じます。

 

良いと感じる人が多い商品は、他の人も良いと感じる可能性が高い
という事は紛れもない事実ですし逆もまた然りです。

 

ですので、ネットなどで発信できる情報というのは、
個人の感想どまりのはずなのです。

 

よほど詳しく研究された方が科学的根拠なんかを踏まえた上で、
特定の商品を否定するのなら分かりますが、普通の方達が何の根拠も無く、
ただ自分の気持ちだけで商品を否定するのは罪ではないでしょうか?

 

商品を売りたいがための誇大表現と同じように、
個人の感想だけでその商品は効果が無いと断定するような表現も取り締まることが公平だと
私は思います。

 

繰り返しになりますが、レプロナイザーはプロである私も良い商品だと思いますし、実際に使っていただいたお客様の多くも、ツヤがでてシットリ仕上がるなどなど、非常に良いと感じていることは間違いありません。

 

最後はなんだか堅苦しい感じになってしまいましたが、
とにかくレプロナイザーはプロの目から見ても効果があると感じますし、
実際に使った多くのお客様も良いと感じていることに間違いありません。

 

「レプロナイザー 2d plus」「レプロナイザー 3d plus」おすすめは?

 

さて、現在売られているレプロナイザーには以下の2種類があります。

 

  • レプロナイザー 2d plus
  • レプロナイザー 3d plus

 

レプロナイザーの口コミ【美容師の本音レビューが正直過ぎる】

 

厳密に言うと他にもあるのですが、
ご紹介するにあたっては上記2つの比較で十分だと判断しましたので割愛いたしました。

 

結論から言ってしまうと「レプロナイザー 2d plus」で決まりです。

 

それぞれの細かい機能の比較をしようと思ったのですが、
消費電力とか温度などはほぼ一緒なので書くだけ無駄。

 

違いといえば、本体サイズはレプロナイザー 2d plusの方が
やや大き目となっておりますが、重さはやや軽めになっており
なんと言っても値段がレプロナイザー 2d plusの方が1万円以上も安いのです。

 

仕上がり感に関しては、プロの私から見ても違いは無いと感じたので、
コスパとかそういう問題ではなく、
ほぼ同じ商品ならば1万円安く買った方が利口だと言わせていただきます。

 

レプロナイザー 2d plusの公式ページはコチラ